2010年06月01日

通り魔事件で男性無罪 被害者証言疑問、面割り捜査を批判(産経新聞)

 大阪府茨木市で平成20年、ジョギング中の男性の後頭部を鈍器で殴ったとして傷害罪に問われた無職、上村宜弘被告(38)の判決公判が25日、大阪地裁であった。遠藤邦彦裁判長は「犯人とするには合理的な疑いが残る」として無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。

 遠藤裁判長は判決理由で、「被害者は犯人はメガネを掛けていたと証言したがメガネをかけていなかった」と指摘したうえで「被害者の目撃証言は信用できない」と述べた。

 また、被害者に犯人の顔写真を見せる面割り捜査で、被害者が否定していた事実を隠した可能性があるとして、「証拠の信用性を疑わしめる」と捜査を批判した。

 現場付近では当時、同様の事件が3件相次いでいた。逮捕容疑は殺人未遂だったが、傷害罪で起訴された。

【関連記事】
通り魔事件で12人死傷 犯人は警官が射殺 中国
下校中に通り魔「子どもなら殺せる」と思った
東京・東麻布で通り魔? 男性が腕から血流し病院に搬送される
神戸で金づち殴打の通り魔事件事件、無職男を逮捕
ネットに児童殺害予告 業務妨害容疑で自称社長を逮捕
虐待が子供に与える「傷」とは?

<普天間>辺野古移設へ 日米が共同文書発表(毎日新聞)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
わたしはこれで記者を堕落させた 「機密費」で接待、「女」も用意 平野貞夫・元参院議員に聞く(J-CASTニュース)
皇后さまが繭をご収穫(産経新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
posted by クボ ヒロユキ at 22:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。