2010年06月11日

初夏の一大絵巻「壬生の花田植」開催=広島県北広島町〔地域〕(時事通信)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産候補にも推薦されている広島県北広島町の伝統行事、「壬生(みぶ)の花田植(はなだうえ)」が6日行われた。約7000人の見物客が華やかな初夏の風物詩に見入っていた。
 金の鞍(くら)や深紅の首玉で飾り立てられた牛の代掻き(しろかき)から始まり、田植えの総指揮を執る「サンバイ」による音頭と共に35人の囃子方による力強い大太鼓や笛の音が鳴り響く。早乙女と呼ばれる絣(かすり)の着物に赤い襷(たすき)で着飾った女性たちが田植え歌を歌いながら苗を植えていく姿には多くの観衆がカメラを向けていた。
 「壬生の花田植え」は同町壬生で稲の無病息災と豊作を祈願して行われてきた伝統行事で、鎌倉時代には既に行われており、江戸時代に最盛期を迎えたという。明治中期頃から一時衰退し始めたが、文化の継承を目指す住民が協力し合い、伝統の灯を守ってきた。1976年には国の重要無形民俗文化財に認定。2009年5月にはユネスコの無形文化遺産候補に推薦され、今秋にも正式登録される見通しだ。 

【関連ニュース】
〔写真〕初夏の一大絵巻「壬生の花田植」開催=広島県北広島町
〔地域の情報〕県認定日本酒をお披露目=長野県
〔地域の情報〕駅ブランドの地酒づくり=仙台
〔地域の情報〕新しい市のマークを募集=愛知県あま市
〔地域の情報〕「三尺フジ」を無料開放=山梨

奈良市、違法コピーのPCソフト使用 メーカー側に4300万円支払いで和解へ(産経新聞)
<荒井戦略相>事務所費問題 支出一覧に政治活動費が交じる(毎日新聞)
山下が勝ち2勝1敗=囲碁本因坊戦(時事通信)
遊び心満載のクロスオーバー「JUKE」――日産(Business Media 誠)
引き揚げ警護大隊の戦友会 あす最後の慰霊祭、40回の歴史に幕(産経新聞)
posted by クボ ヒロユキ at 18:40| Comment(20) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。