2010年04月16日

「医療機器は成長産業」−民主議連作業チームが初会合(医療介護CBニュース)

 民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」(櫻井充会長)の医療機器ワーキングチームは4月9日、初会合を開き、日本の医療制度における医療機器産業の在り方などを議論した。会合後に記者会見した福島伸享事務局長は、「医療機器は成長産業であるという観点と、国民の命を守る産業を育成すれば患者の利益につながるという観点から検討していきたい」と抱負を語った。

 今後、週1、2回程度の議論を踏まえ、月内にワーキングチームの方針をまとめて議連に報告する。党の参院選マニフェストや政府の成長戦略に反映させたい考えだ。次回以降は、厚生労働省や医療側などからヒアリングする。
 初会合では医療機器を製造販売する日本メドトロニックの大西昭郎副社長を招き、業界を取り巻く環境などについて聞いた。医療機器分野の成長に向けて取り組むべき課題として、▽企業主導の臨床研究の解禁▽日本独特の規制の廃止▽イノベーションを評価する制度▽技術や治療法に関する情報の提供・アクセスの改善▽無過失補償制度の導入-が挙げられた。
 医療機器ワーキングチームの柚木道義座長は会見で、「規制改革会議で言われるような混合診療にいきなり行こうというのではなくて、成長戦略の視点を持って現行の枠内でやれることはないのかを議論していく」と説明した。ワーキングチームでは、中長期的な課題にも取り組む方針で、「先進的な研究開発を促進するような診療報酬制度はどうあるべきか検討していく」(福島事務局長)という。


【関連記事】
医療費増を目指す民主議連が発足−「診療報酬の大幅アップを」
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相

輸血ミス後患者死亡 阪大病院 B型女性にO型投与(産経新聞)
同居女の長男虐待死に懲役8年=「常習的虐待の一環」−旭川地裁(時事通信)
<殺人容疑>21歳長男を刺した父親逮捕 茨城(毎日新聞)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)
posted by クボ ヒロユキ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。