2010年04月21日

鶴岡八幡宮の大イチョウ、移植の幹から芽(読売新聞)

 強風で倒れ、移植された鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)の大イチョウの幹から18日、緑の芽が出ているのが確認された。

 専門家によると、今年は幹が根付いていなくても芽が出ることが想定されており、来年の春、芽吹けば根付いたことが分かるという。根元部分からはすでに「ひこばえ」とよばれる芽も出ている。

 この日は鎌倉まつりで、ジョン・ルース駐日米大使が流鏑馬(やぶさめ)などの行事を視察。吉田茂穂宮司が移植された幹や、地面に残った根元部分に案内すると、大勢の参拝客とともに、興味深そうに観察していた。

<花岡事件>中国人犠牲者の無念刻む記念館オープン 秋田(毎日新聞)
「省庁再編」を政権公約に=財政健全化の道筋も明記−民主(時事通信)
普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
posted by クボ ヒロユキ at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。